2011年07月19日

華流ドラマ

最近台湾ドラマを見ています。

台湾ドラマといえば・・・流星花園あたりが有名でしょう。
流星花園は花より男子の台湾版ドラマですね。
台湾ドラマは日本の漫画原作のドラマが大変多いです。

そして日本で実写化された漫画原作ドラマに比べると
ずーっと原作に忠実に作られている中々良作なイメージがあります。
※あくまでエノアの意見です。
わりと日本でも実写化されている作品だったりも多いんですけども。

cast01.jpg
 今見ているのは「薔薇之恋」と「花様少年少女」です。

 どちらもエラ・チェン主演作品。
 エラ・チェンはS.H.Eという台湾のアイドルグループの1人。
 うん、アイドル、、、のはず?

 ※写真は花様少年少女のエラ・チェン

「花様少年少女」
これは日本でも堀北真希主演で実写化もされた「花ざかりの君たちへ」の台湾版です。
日本版は原作とはだいぶ違っていてサブタイトルにも「イケメンパラダイス」と
あるぐらいですから、だいぶイケメンプッシュなオフザケの多い作品でした。
日本版もエンターテイメントとして楽しめる作品だとは思いますけども
やはり台湾版のほうが原作には近いと思います。
キャストも割りと良く選んでいると思います。
まぁ原作ファンってほどでもないのでどっちが上かは申しません。

ただ、主人公は♀なのに男子高に紛れ込む話なんだけど
「女の子に間違えられる程、女の子のように可愛い」わけです。
堀北真希は可愛いのでアリといえばアリではあるのだけども
残念ながら可愛すぎて女にしか見えないのでいかがでしょうかね。

前田敦子も主演でドラマ化らしいですけども・・・
堀北といい前田といい、なんで目と目の間が近い女の子ばかり・・・(´Д`;)偶然?

そしてエラ・チェンは残念ながら男の子にしか見えないのです。
見慣れてくればそれなりに角度によっては可愛いのだけども
産毛というかヒゲが生えていてそこばかりに目がいってしまうし・・・。
髪型とか男に見せるために頑張りすぎではないだろうか。

なのでエノアとしては主役は韓国ドラマのコーヒープリンス1号店のユン・ウネとか
金枝玉葉のアニタ・ユンとかそのあたりがちょうどいい具合なのでは?と思います。
どっちの作品でも女なのに男のふりをするという点は同じなんです。

ただ、主人公ではなく中津役のジロー君が可愛いので大満足なんですけどね。


「薔薇之恋」
これも日本の漫画で吉村明美『薔薇のために』が原作です。
そしてこれもキャストは割りと中々良いと思います。

原作ではワガママな葵にあまり同情も共感も出来なかったというのに・・・
このドラマの葵はジョセフ・チェンがやっているのだけど
あまりに美しくて切なくて可哀想で可哀想で(p_q*)うぅ
まぁ女に間違われるってのは言いすぎだと思いますけどね。
でも中々に良い演技だと思います。

あと、このドラマではエラ・チェンと同じS.H.Eのメンバー達が出ています。
これはミスキャストだったとしか言えません
S.H.Eは藤子役とセリ役です。

まだ途中までしか見ていないのでもう1人の藤子役の子は善し悪しわからんけども
セリ役の子はもう酷いとしか思えませんでした。あきれちゃいますよ。

エラ・チェンは「不細工」な役なので違和感なく見れました。
いや、そこまでデブとかブスとか言われるほどだとは思わないんですけどもね。
中々好演だと思いましたよ。

ただセリ役の子、まずセリとしては合わない。
高い声で甘ったるい感じが女に嫌われるタイプだし
誰からも愛されて天使のようなセリでは違和感があります。

そう、たとえるならサエコみたいなタイプ、いやまぁそれは言いすぎかな?

もう少し可憐で優しげで綺麗な子はいなかったのでしょうか。
あと、死体役なのに足が動きすぎ

セリの死体を抱えて雪山でのシーン。大事なシーンなのに台無しですよ。
多少死体役なのに息で動く俳優さんっているけれど
足をバタバタ動かすような死体役ってありえないと思いますね。

それと役柄的に花様少年少女ほど気になるわけではないのだけども、
それでもやっぱりね、エラ・チェンのヒゲが気になるのですよ。

綺麗になる努力をしたりプロに化粧してもらったりそんな事よりも
そのヒゲをなんとかするほうが先じゃないのか???と・・・。


ヒゲのせいで集中して観れないのでエラ・チェン作品はほどほどにしましてですね
次は「ろまんす五段活用」や「ハチミツとクローバー」あたり観たいです。
posted by エノア at 15:53| 兵庫 ☔| Comment(2) | 映画ドラマ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新しい記事キターーー!

ふむふむ
なるほど、ヒゲが
ふむふむ
ヒゲですね。
ふむ。ヒゲですか。

ヒゲがとっても気になるということが
分りましたw

海外ドラマというと、24とかロストとか
プリズンブレイクとか、アメリカ系しか
見たことないかもしれないです!

恋愛系のドラマとか嫌いじゃないんだけど
見るとつい感情移入してしまう、かもなです。

台湾ドラマで日本漫画が原作のが多いという
のは驚きました!

やっぱり日本の漫画って、世界的にみても
誇れるものがあるのかな、なんて思います。

漫画に関しては全く知識が無いので
メジャーな漫画は教養として読んでおく
必要があるな〜なんて最近考えてたところ
だったので、その考えを更に強めました!


Posted by か☆も☆な at 2011年07月19日 18:50
いつもコメント有難うございます!

えぇもう、ヒゲに始まりヒゲに終わりそう。
ヒゲのせいで可愛いかどうかもわかりません。
文化の違いなんかもあるのでしょうかねぇ。
日本のTVに出る女優さんやアイドルで
ヒゲはやしたままの人なんておらんと思います。

24は20話ぐらいまで観てやめちゃったのです。
米ドラマはコメディ系が昔から好きですわ。
子供の頃に見た「アーノルド坊やは人気者」
大好きだったんですよね、今も好きだけど。
ジャネットジャクソンやモハメドアリなんかも出てました。
他に好きなのもコメディばっかりですわー。

最近は韓国のドラマでも日本の漫画原作が
増えている印象があります。

またアジアだけでなく日本の漫画原作の映画など
最近は珍しくなくなってきておりますから
漫画もバカにできないなぁと思いますよ。

教養になるかどうかはさすがにわかりませんがw
メジャーな漫画はやはりそれなりに良さがある
ので興味のある作品は読んでみるのオススメ。

うちのママンは「漫画なんて子供の読む物!」と
言ってたりしたわりにはですね、
漫画原作と知らずに漫画原作ドラマにはまったり
まぁそれを漫画で読んでもハマルかは別ですが…
Posted by エノア at 2011年07月20日 06:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。